今日はヴィラシュトゥック
SPURの展覧会とダニエル&ゲオ・フクスの写真展の2個見てきました。

Dos Caballeros

ミュンヘンで50~60年代に活躍した芸術家グループ、シュプールの絵画を中心にした展覧会。
神様冒涜などでつかまった雑誌とかの発行でしかあんまり知らなかったけど
塗りごねた背景に活き活きした線描とか、なんか真剣すぎてはたから見るとおもしろい人、
のような感じの絵がいっぱいでかなり好感もてました。



Batman


ダニエル&ゲオ・フクスの写真展は2部門あって一つ目が「TOYS」。
人形のポートレート写真でバットマンやらスーパーマンにまざってブッシュやらフセインやらがいる始末。
顔の外側から急にピントがぼけてて、首がきれてるみたいでなんかみてて気持ち悪い感じ。。。
でも等身大以上?の鉄腕アトムの写真はすごいかわいかった!
でもちょっと見てるとやっぱり気持ち悪かったけど。。。。



Haeftlingsbibliothek

2つ目は「スタージ」。
東ドイツの秘密警察が使ってた部屋がそのまま残ってて、それの写真。
妙に整然としてて東ドイツのインテリアとか微妙にかわいいからそういう色合いとかほのぼのしてるねんけど、なんかおかしい、なんかおかしいなああ~
という展示でした。

フクスの写真は今日まで。
シュプールは10月22日までやってます。