今週のドイツ政界。ドイツ労働社会相の突然の辞任という大ニュースの陰でやや地味ながら、ドイツとフランスの両外相がベルリンでレコーディングしちゃいました、というポップな話題もありました。

で、その収録曲のタイトルは、ズバリそのまんま「Deutschland」(ドイツ語でドイツのこと)。

このブログのタイトルもその一部分であるように、独仏両国が長年抱える移民統合問題をテーマにした歌詞で、R&BやHipHopあたりを「統合」したような、どこかのヒットチャートにランキングされていそうなメロディー。

ノーネクタイにYシャツという出で立ちでスタジオ入りし、やや所在なげな両外相を終始満願の笑みで仕切るのは、トルコ出身のHipHopスターMuhabbet。イスタンブールとベルリンに拠点を置くミュージックレーベル「PLAK MUSIC社」一番の売れっ子でもあるのだとか。

さて、肝心の両外相ののど自慢のほどは..?というと、大臣殿の実力が発揮されたのは、どうやらリフレイン部分だけだったみたいで、ずいぶんと控えめ(苦笑)。

何はともあれ、本業より楽しそうな収録風景と大臣のシャウト(?)をどうぞお楽しみくださ~い。

Deutschland~♪...