さて、ドレスデン最終回はあまり知られていない見所2つと名物ケーキをご紹介します。

こちらが聖十字架教会。
ドレスデン中央駅から旧市街に向かって歩いていくと、一番最初に見える教会です。
こちら、700年の伝統を誇る聖十字架教会少年合唱団の本拠地として有名です。
1792年、古典様式で建てられたこの教会は1897年に内装を新たにしています。そして1945年の空爆で奇跡的に被害を逃れた92mの塔には今でも上ることができます。
聖十字架教会
住所:Im Altmarkt
オープン:4月~10月の月~土 10-18時
11月~3月の月~土 10-16時
日曜日はミサの後(12時頃~)
塔への入場はそれぞれクローズ30分前迄

こちらはVW(フォルクス・ワーゲン)の「VWガラス工場」と呼ばれるVW最高級車「フェートン」の最終組立工場です。
どのように車が組み立てられていくかを見たり(ガラス・フローリング・白を基調とし、あまりにも清潔なので「自動車工場」のイメージが完全に覆ること請け合いです)、VWの歴史をお勉強することもできるのですが、それよりも何よりも!1Fにあるフェートン・シミュレーションマシーンに是非乗ってみてください。
右側通行で時速制限のない(所の多い)ドイツのアウトバーン(高速道路)を走る機会に恵まれる方はなかなかいないと思うのですが、ここでは360℃ぐるっと一周画面になった空間で、アウトバーンやドレスデン市内をバーチャル・ドライブできるのです。はっきり言って、酔います。そのくらいリアルです。
さらに自分好みの色やインテリアを選んで「マイ・フェートン」を完成させ、背景を選択し、自分の写真と合成してくれるプリクラのような機械もあります。
一般客はツアー見学が可能です(ツアー申し込みは事前にしていった方が無難)。ツアー後は好きなだけバーチャル・ドライブなどが楽しめますので、車に興味のある方は、是非。
VWガラス工場
住所:Lennestrasse 1 01069 Dresden
開館時間:8-20:00(イベント日を除いて毎日)
ツアー予約:infoservice@glaesernemanifaktur.de
ツアー料金:大人4ユーロ、割引2ユーロ

そして最後の最後にご紹介するのはドレスデン名物のこの「Dresdner Eierschecke(ドレスナー・アイアーシェッケ)」。こちら、ちょっとわかりにくいですが3層からなっています。卵とバターたっぷりの一番上の層、中間のバニラ・クワーク(凝乳)、そしてスポンジの下層。
フワフワしていて、それでいてプルンプルン、でもケーキとしての歯ごたえも十分あって・・・美味しい!
ドレスデンのカフェで食べればもっと美味しかったのでしょうが、時間に余裕がなかったため、パン屋さんで買って電車の中で食べました。それでも十分満足。ドレスデン楽しかったねーなんて言いながら電車の中で食べるケーキもなかなかいいものです。

さて、これで一通りの見所はご紹介しました。他にもアルベルティヌム、ブリュールのテラス、ウェーバー記念館など見所はたくさんあります。また船でエルベ河を下って、ピルニッツ宮殿や「ザクセンのスイス」地方へ行くことも可能です。
さらに電車で1時間くらいのところにはマイセン陶磁器工場もあります。
今年はドレスデン建都800周年。
また面白い話題があったらお伝えしますね。